忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

沖縄の悲劇は理解するが

【意見撤回求め11万人集会=知事「軍は関与」-集団自決の教科書検定問題・沖縄】
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=soc_date2&k=2007092900236

歴史の検証がまだ終わっていない中で、真偽がはっきりしていないものを教科書に載せたりするのはいかがなものかと思う。

証言は絶対的な証拠ではない。
これはあったとする側なかったとする側ともに。
軍命令があったとするならば必ず命令書があるはず。
これをよく福島瑞穂や田嶋陽子は
「焼いたからない」
とか
「敗戦後の混乱期に償却した」
などというが。

なかったとするほうも、正直証言しかないのは確か。
しかし、沖縄における集団自決にしろ、南京にしろ「あった事」を証明できていないと思うんです。
証言を全否定するわけじゃありません。あった事を証言のみではなく、具体的にどこで誰がをきちんと証明して下さいといいたいわけです。
感情的に「そんなの被害にあわれた方には残酷だ!」とかの感情論はいりません。
「あった」とされる方が粛々とあったとする証拠を出してくださればいいんです。なかったことを証明するのは「悪魔の証明」です。証言は証拠じゃありませんからね。
冷静にあったことの事実のみをきちんと出してくれれば、なかったとする人たちを納得させられるでしょうし、教科書に載せて後世伝えていけるでしょう。

もういちど言います。
沖縄の悲劇は理解しています。
沖縄戦の悲惨さは後世にまで伝えていくべきと思います。
あのような地上戦が今後行われないことを願って。
しかし集団自決については、未だ自分としては「軍命令で行われた」ということについては、納得できません。
きちんと証言以外の証拠を出していただき、具体的にあったとする方に証明していただきたいと思っています。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]