忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

徳永エリは説明を果たせ

マスコミベースというが、どこのマスコミだよ。
どーしんのことか?w

拉致集会にも来たことがないくせに、何をほざくか。
恥を知れ!

拉致被害者家族が、靖国参拝で「落胆」してるって・・
こいつは「横田ご夫妻が靖国参拝されている」ことを知らないんだなと
そして増本輝明さんも参拝されている。

政治家が靖国に参拝されて落胆するなら、そういうところに行くなって家族会の中でもありそうなんですが、どうなんですか?徳永議員

まぁ所詮「民主」のチリ・・。
是非衆参ダブルで逝ってもらいたいと思いますな。

拍手[0回]

PR

拉致問題を忘れないぞ!

先日ライブイベントを主催されたサネヨシさんの「愛しき子よ」という曲です
都知事選挙の真っただ中で、ふと忘れそうになりますけど
忘れることなく、早期解決をめざして
皆さん、がんばっていきましょう。

拍手[0回]

なんという首相 Σ(゚Д゚)ガーン

被害者早期救出を期待、金元工作員来日で首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100720-OYT1T00928.htm

[記事一部引用します]
菅首相は20日、金賢姫(キムヒョンヒ)・元北朝鮮工作員の来日について、「直接話して事情を聞く機会を得ることは、(北朝鮮による拉致)被害者家族の皆さんにとっても大変意味のあることだ。拉致の真相究明、被害者の一日も早い救出につながることを強く期待している」と述べた。
( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

なんで「全力で取り組む!」といわず「強く期待している」?
意味がわからん(・о・)

他人がやるんじゃねぇんだ!お前がやるんだよ!バ菅


拍手[0回]

やる気あるのか!

政府の拉致パンフから「被害者帰国」外れる 担当相「何もわからない」
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100315/kor1003152055001-n1.htm

[以下記事引用します]
政府の拉致問題対策本部が昨年末に改訂した拉致被害者救出を訴えるパンフレットから、「拉致被害者の速やかな帰国」や「真相究明」といったこれまでの政府が最重要課題として掲げてきた項目が削除されていたことが15日、衆院拉致問題特別委員会で明らかになった。

 中井洽(ひろし)拉致問題担当相は答弁で「初めて見た。何もわからない」などと困惑。事務局の報告を受けて再度、答弁に立ち「作り直す」などと釈明した。
[引用終わり]

>これまでの政府が最重要課題として掲げてきた項目が削除されていた
これは「故意に」と言われても仕方ないのじゃないでしょうか。
過去の密約話に熱上げている場合じゃなく、未だ解決されていないこの問題を解決しようという「やる気」が全く伝わらない。
拉致を政治上の取引等に利用することをしていいのかと思う。

さすが日本を売ろうとする党はやることが違うな(怒)

拍手[0回]

まずは拉致被害者を帰してからだ!

無償化求め、朝鮮高校の生徒らが署名活動
http://www.news24.jp/articles/2010/03/03/07154605.html

まずは、拉致していった日本人をすべて戻してからだ。
さらには日本で教育を受けるなら最低限反日教育はやめてもらいたい。

そこまでしても「朝鮮学校の無償化」は反対ではある。
朝鮮学校が日本人拉致にかかわろうとかかわっていなかろうと、自国の犯罪に対して解決を促すような声も上げれないところが何を言うか
ましてやわれわれ日本国民の「税金」を犯罪国家の一翼に対し払うなんて到底承服できない。
感情論でかわいそうだのなんだのということで、国民の血税をそんなところに使っている場合ではない
まだ国内の学校においても耐震工事が必要なところはたくさんある。
そっちが優先されると僕は思う。

拍手[0回]

まずは根拠を示せ

■拉致被害2人「生きていない」田原総一朗氏発言に家族会抗議
(読売新聞 - 05月11日 20:01)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090511-OYT1T00833.htm
「事実に基づく明確な根拠がある」としながら「情報源を明らかにすることはできない」ということは、ソースの信憑性を疑わざるを得ない。
事実であるなら、逆にきちんとした根拠を示し、ご家族に提示すればよかろう。
出来ないのであれば「ガセ」だと言われても仕方がない。

また、死亡していることが事実であれば、その情報は外務省にも入っているはずだと思うのですが・・・。外務省あたりで情報を隠蔽しているのでしょうか?
亡くなっていたとしたら、外交的には失敗をしたことになりますから。
そうしたことからも、田原氏はきちんとした根拠の提示をすべきであろうと思います。

さて・・・
他の方の日記でも「恐らく死んでいる」といった日記が多く見受けられます。
死んでいるという根拠を述べている方もいますが、それも結局は推測のように思えます。

じゃ、お前は?と言われるかも知れません。
自分としては「まだ生きている」と思っています。つまりこれもまた推測・希望です。
根拠はありません
しかし、拉致された方々の思いは「生きて日本に帰るんだ!」と思っているに違いないとおもいます。その一心で現在も生きていてくれていると思います。

その思いをガセ(かどうかはわかりませんが、あえてこういいます)の情報で混乱させるようなことはしていただきたく無いものです
ソースも証せないけど情報きたからそれを信じて言っちゃえ!ってレベルがジャーナリストなんだとしたら、もぉ信用するに値しないと思います。

拍手[0回]

拉致問題の解決には

酔っぱらってますw
ちょっとうだうだと僕の思いを書きます。
いちゃモンのたぐいはご容赦を

今回、国民大集会に参加しようと思っていたのだが、仕事があったこともさることながら、政府・拉致議連の皆さんが毎度発言される「同じ事」の繰り返しがちょっと引っかかり参加しなかった。

毎度毎度、議連の方々からこうしたいああしたいと言うことが聞かれる。
しかし、一向に進まないこの状況はどうだ?

おいらは思う
もう拉致の事実を国民に知らせるというステップはもう過ぎて、次の、さらに次の段階へと進んで行かなくてはいけないはずだと。
なのに、未だに次をどうするといった具体的な発言行動が起こってきてないと。

いつも言っているのだが、拉致というのはある意味「宣戦布告」なんだと。
国家の主権侵害が行われたというのに、このことに未だに気づいていない人が多い。
よく言われる「世界では」という言い方を借りれば、主権侵害=国家間の紛争状態と言うことであろうかと思う。

そして、その紛争状況で被害者ご家族の感情を前面に出すような戦い方は危険だと感じる。
なんでご家族が紛争の先頭に立たねばならんのか。
批判をおそれず言えば、ご家族を「客寄せパンダ」にしていないだろうか。
ここ数回の国民集会をみるにつけ、そんな気がしてならない。

経済制裁も結構。やれることはやってみればいいと自分は思う。
だけど、根本は「戦争を仕掛けられてるんだ」と言うことにあると思う。
戦争を仕掛けられているときに、こちらの覚悟としては「血を流す勇気があるのか」
その気概が求められていると感じる。
それは、拉致被害者・ご家族だけのためでなく、国家の主権を守るという覚悟だと。
ご家族の方も、戻ってくるに越したことはないが、拉致という問題がこれ以上発生しない・させないために毎回対北強硬策を唱えていると自分は思っている。
厳しい判断かもしれないが、国家・国民を護ると言うことは、そうした厳しい判断を厳しくともするということだと感じる。だが、その気概があって、拉致問題解決への新たな道が見えてくるのではないかと考える。

そうした気概をもった政治家が今すぐ出てきてほしいと思う。
演壇で能書きをたれるのはもうたくさん。
それならもっとご家族の思いを、もっと話す時間を与えてあげてほしいとおもう。

拍手[0回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]