忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外国人参政権絶対阻止!



先程街宣が終わり、武道館入りしました

結構入って来ました

拍手[0回]

PR

外国人地方参政権断固反対!

外国人参政権 慎重論が相次ぐ
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010040600790
ぜひ反対と明確に打ち出してほしいですね。

よく国際法がどうのとか言っている方もいるようですけど
あくまで自分的解釈は「国内法が優先するだろ?jk」なんですがね。
国際法云々が認めてるからどうのとか。国際人権どうたらが言ってるからなんてのは
国内法あってのものだねだと思いますね
国際社会なるものが言っていることがすべて正しいなんてのはおかしいと思います。

日本の事、国内・地域の事を決めることに、日本人以外が決めることがあってはならないと思います。
「こうしてほしい、あーしてほしい」という意見を述べるのは構いませんが、決めるのは日本人であるべきと思います。

拍手[0回]

外国人参政権、断固反対!



賛成派、反対派のそれぞれが見える動画がこれだとおもいます
宮城県議会GJ!
っつーか、法律の上に憲法があることをしらないようでw
参政権に賛成する連中の意見がいかに情緒的なものかを知るものじゃないかと思います。
対して、参政権反対の反対討論、よくわかる反対討論だとおもいます。

拍手[0回]

よしっ!

わが郷土の栃木県が、外国人参政権に反対する意見書を可決しましたヽ(´ー`)ノ
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100218/284769

1995年3月に地方参政権付与に賛成する意見書を可決していたにもかかわらず、それをひっくり返した事は非常に喜ばしいことでもあります。

栃木県から出ている山岡や簗瀬、福田あたりはこの結果をどう見てるんでしょうねw
とにかくよかった。

さらに、この意見書の採決に当たっては在日本大韓民国民団県地方本部の約30人が来ていたそうで、そうした中で市川市のような圧力に屈することなく正しい道を選択したことは、栃木県にとってもいいことであると思います。

しかしながら、まだまだ道は険しい。(´-ω-`)ヌゥ・・
[以下2ちゃんより拾いもの]
2010年2月18日時点
・外国人参政権に反対
都道府県議会
  秋田、山形、栃木、茨城、埼玉、千葉、新潟、富山、石川、島根、香川、佐賀、長崎、熊本、大分
市町村議会
 福岡県直方市、茨城県常総市、愛媛県今治市、埼玉県吉川市、愛知県岡崎市、
 新潟県長岡市、愛媛県松山市、山口県防府市、佐賀県小城市、長崎県大村市
都道府県知事
 東京(石原)、神奈川(松沢)、千葉(森田)、埼玉(上田)

・外国人参政権に賛成
都道府県議会
 長野、広島 …反対の意見書を否決
市町村議会
 神奈川県川崎市 …賛成の意見書を可決
 千葉県市川市 …反対の意見書を否決
都道府県知事
 大阪(橋下)、京都(山田)、奈良(荒井)、兵庫(井戸)、岩手(達増)

・CAUSION!!!!
 鳥取 ・ 愛媛県四国中央市 ・ 横浜市

・暗黒面:岩手県
[ここまで]

賛成派はまだまだ少数なわけですから、今回の栃木県議会のように正しい情報に基づいて、正しい判断がなされていくことを希望すると共に、要望していくことも必要だなぁと思っております。

さらに、この参政権の賛成派のよりどころである最高裁判決の「傍論」
この傍論を出した園部元最高裁判事がこのような事を言っているようです。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100219/plc1002190020000-n1.htm
↑のなかで
[以下記事一部引用]
「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。
[引用終わり]
最高裁の判事ともあろうものが、政治的配慮とは・・(´-ω-`)フゥ・・・
この判事の「傍論」のおかげで、このような危機的事態を招いたこと
さらに、その傍論を根拠にして、それを拡大解釈した民主党の案が出てしまっていることに対することをどう思っているのか。困ったものだと思う。

しかし、長尾教授に続き園部元最高裁判事までがこのような事をいう
民主・社民・公明を始め、地方参政権賛成を進めてきた皆さん
法的根拠失っちゃって、どうするんでしょうねぇ(・∀・)ニヤニヤ

拍手[0回]

外国人参政権付与反対!

外国人参政権付与、反対続出=与野党と意見交換会-全国都道府県議長会
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010020900863

今日の高市早苗議員の質問におけるハトの討論みました?



参政権の根拠が例の「傍論」ですよ┐(´д`)┌ ヤレヤレ
傍論が根拠で参政権OKってのはあまりにも「暴論」じゃないでしょうか。
国民固有の権利を、たかだか1裁判官のつぶやきを根拠とするもので犯されるようなことでは困りますよねぇ(´-ω-`)

赤松のおっさんも、民潭との事を悪びれることもなく(゚Д゚#)
本当に日本の国民のための議員なのかとあきれます。
さらに防衛大臣も選挙権ならというようなことを言っている
国を守るという概念が薄すぎる。
民潭の危険性はないと平気で言ってのけた。


こんなやつに国防を任せるのはたまらない。

拍手[0回]

外国人参政権付与法案、断固粉砕!

というわけで、ひとつ動画をご紹介


非常にわかりやすく「ゆっくりちゃん」が解説してくれています。
肯定・否定派双方に見ていただき、考えてほしい問題です。

拍手[0回]

外国人参政権断固反対!

本日は「1.16 民主党・党大会抗議!日本解体阻止!外国人地方参政権阻止!金権小沢糾弾!緊急国民行動」に参加してきました。

8時40分に有楽町駅から日比谷公園を目指しました。
日比谷の交差点はすでに封鎖の準備が始まってきていました


噴水前に着くと、すでに準備が着々と進んでいまして、いつも街宣やデモのときお世話になっている先輩と合流。


しかし寒い!日陰はかなり寒い。
おまけに時折吹く風がどんどん体温を奪っていく。
会場となる日比谷公会堂。ここで拉致問題の国民大集会が開かれることが多いのに、売国政党の集会のために使用されるとは・・


10時になり、いろいろな弁士の皆様の街宣が始まるとどんどん人が集まってくる
いったいいくらいるんだろう・・


1時過ぎから、公会堂の反対側に移る。
全力で日陰、それもビルの谷間 Σ(゚Д゚)ガーン
風は冷たいし、おもいっきりさむい!
たっていると、ひざが震えるほど寒い。
しかし、腹に力を入れて大声を出し忘れるように努力する



14時に耐え切れず、トイレに行き、喫煙所で一服し、コーヒーを飲む
戻ってきたら、ちょうど小沢民が会場を出るとのタイミング。
力の限りシュプレヒコール「民主党、解体!小沢、逮捕!」
民主の大会が終わるまでこのような熱い集会を続けました。

小沢マスクにねぎ・・w

15時過ぎ、民主の大会が終了。
ここで、チャンネル桜の水島社長より「検察の応援に行きます!」
みんなからおおっとの声も上がる。
「来られる人のみ」といったにもかかわらず、ほとんどの人が来た。
検察庁の前では、歩道橋まで人であふれ、みな検察への応援をする。

検察ガン( ゚д゚)ガレ

すると、窓から休日にもかかわらず職務をこなしている職員の方が、手を振って答えてくれた
これはちょっと感激した。
と同時にわれわれがついてるからがんばれ!と激励したっす。

この後噴水前に戻って解散となったが、昼食抜きでおなかペコペコ。
のどはかれていた。
しかし、この売国法案の廃案、小沢の逮捕、民主の解党的出直しをしてもらうまで
こうした活動にはできるだけ参加して、自分の意思表示をしていこうと思った。

拍手[0回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]