忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不当判決と言わざるを得ない

集団自決訴訟:大江さんらへの請求を棄却 大阪地裁
毎日jp

そもそも、この裁判の争点は

1.隊長の命令があったのかなかったのか
2.無かった場合、大江健三郎の文章が名誉毀損にあたるのか。

じゃなかったのか?
誰も「軍の関与」を争点にしていたわけでは無かろう。
それなのに、この裁判過程で出てきた日本軍の関与があったということを認定した上で、軍が関与しているのだから隊長命令もあった「はず」ということでこのような判決を下している。

さらに、この地裁判決は琉球政府の正式な辞令よりも、それに矛盾する沖縄タイムスが出してきた証拠を採用してる
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/525680/
(○口○*) ポーカン

ここまでの証拠を出しても
《原告らの主張に沿う照屋昇雄の発言はその経歴等に照らし採用できず…》
って、どんだけの証拠を出さなきゃ行けないのか。
そもそも、軍命令があったとするなら、軍命令を示す命令書を出すべきである。
軍の命令や組織をなんだと思ってる。
軍っていうのは、「命令書有ってはじめて行動」になるものだろ?
命令書はないが命令があったと認定できる根拠がない。

控訴は当然であり、徹底的に争った方が良いと僕は考えます。

拍手[0回]

PR

私的には納得できませんが・・

"2008/03/28-13:57 日本軍が深く関与=元守備隊長らの請求棄却-沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁"
jiji.com

「日本軍が深く関与したと認めた」
どんな関与だったのでしょうね。
自決命令を軍が出したと言うことなのでしょうか?

確かに、戦陣訓のなかでは
「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず」
という下りがあり、この部分を持って
「きっと自決を教育・強制したにちがいない」
という事なのだろうと思いますが

この部分は、文章の中の一節であり本当は

『恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励してその期待に答ふべし、生きて虜囚の辱を受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ』

これを訳した物がWikiにのっていたので引用すると

「軍人として恥ずかしい行いをすれば、捕虜になった時はもちろん、死んでからも罪禍の汚名を着ることになったり、同郷の者や故郷の家族から面目の立たない事になるのであるから、そういった軍人として恥ずべき行いはやってはいけない。」

ということであろう。
これを読む上では、とても自決を強制した物とは思えないんです。

日本人は古来より、敵の捕虜になることは恥という考えがあり、また城が落ちるときは、城を枕に討ち死にすることを選んで来ていました。しかしこれは強制されることではなく、皆がそうした思いで一致し、戦いに挑んでいった物ではなかったのではないでしょうか?
また、別に軍法では捕虜になってはいかん!とか、なった者は死刑!などというのは無かったと記憶しています(ちょっと確認しますので、間違っていたら訂正します)
ただ、生きて帰ってきたら、更に激戦地に行かされてはいたのでしょうけども・・

戦陣訓が軍人のみならず、国民にもわかるようになっていたとして、当時の人たちが「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ」という箇所だけを切り取って考えていたとは思えないんですよねぇ。
あくまで僕の考えでありますから、あとでじぃちゃん・ばぁちゃんに聞いてみます。

あくまで僕の考えでは自決があったとしても、決して強制ではないと思っています。
軍命についても強制・関与を示す物はないと考えています。

そうした中でのこの判決は、いまいち納得のいく物ではないっす。

拍手[0回]

やれやれ・・

自決「軍命令あった」女性史家
http://mainichi.jp/select/wadai/archive/news/2008/01/22/20080122dde041040039000c.html)

やれやれ、また証言ですか┐(´ー`)┌
『宮城さんによると、村助役の妹が昨年6月、宮城さんに「兄は『軍からの命令で、敵が上陸
 して来たら玉砕するように言われている』と言っていた」と証言した。前作時にも取材したが、
 当時は証言が得られなかったという。 』
ポイントは
「村助役の妹」が兄から聞いた・・・
ってところと
「前作時にも取材したが、当時は証言が得られなかった」
かな。

何があったか知らないけれど、母親の残した物を180度ひっくり返すものだろ?
おまけに「ま た 聞 き」ですか?
もぉね、うさんくささ満開って気がする。
この時点で「史家」を名乗るのはやめた方が良いと思うわ。

それにどうしても引っかかること。
そもそも
『軍からの命令で、敵が上陸して来たら玉砕するように言われている』
軍命令があったのにもかかわらず
『「助役が集団自決を申し出た」時より前に、軍が助役に住民を自決させるよう命令していた可能性が高い』
ってなんかおかしいですよね?
自決するように命令されていたんでしょ?
わざわざ「自決させてくれ」とお願いする必要があるんだか。
さらに座間味と言うことであれば、梅澤元隊長は『自決はゆるさん』と言ったとの証言がありますよね。
事前に命令をしたんでしょ?「自決しろ」と。
何でこうも相反することになりましょうか?
わからんですよねぇ。

南京と言い、追軍売春婦問題といい、この集団自決といい
すべて証言だけで全てあったことにしようとし、なかったという証言は一切聞こえないふり
どうなってるんだかねぇ┐(´ー`)┌ヤレヤレ

拍手[0回]

あながち間違ってはいないのかもしれないけど

沖縄戦集団自決 防衛研、国の業務大きく逸脱 見解の根拠、なお論議
http://mainichi.jp/select/seiji/archive/news/2008/01/13/20080113ddm003040029000c.html

まだ集団自決訴訟は公判中であるから、結論づけてしまうことはちょっと防衛研の勇み足であるように思えますね。
同部分の削除を行えば済むと思います。

さて、本件に関していくつかの日記を見に行きました。
大方は同様に削除すべきという意見になっていますが、中には本件から「ネウヨ」だの「ネットウヨ」だのと言い出す人もいますね。
中には「無かったことの資料・証拠を出せ」なんていう「悪魔の証明」を求める方まで( ´ー`)フゥー...

集団自決の問題が、ここまで延々と続くのは僕から言わせれば
「あったと言う人たちが証言以外の証拠を出さないから」
だからここまでだらだら続くわけです。
あったと言うことは無かったことを証明するより遙かに簡単なことだと思います。

しかしながら全く証言以外の証拠が出てくる訳じゃなく、軍は命令書があって動き出すわけなのに命令書が無く、無いことをつつくと「燃やした」などと無責任なことを言う人が多い。

さらに、あったとする人の「証言」は重要視するが、なかったとする人の証言は無視しているように感じる。
証言を重要視するのであれば、地元の方が「なかった」とする証言をしているので、これも精査すべきであろうかと思うが
(参照:http://www.jiyuu-shikan.org/tokushu.html)

いずれにしろ「あった」と言うのであれば、あったことを証明していただきたいですね。

ですが、さすがは毎日というかニュースのタイトルに何か意図を感じてしまいますなぁ(;´Д`)

拍手[0回]

ごねればなんでも通すのか?

「自決に軍関与」沖縄の評価は
http://mainichi.jp/select/opinion/watching/news/20071230ddm004070080000c.html
まぁどいつもこいつもあったあったと言いますが。
ですので、軍命令があったのなら証拠を出しなさいと( ´ー`)フゥー...
あったことの証明は出来るはずなんですがね。
何かにつけて無かったことの証明を出せと言う人もいますが、無かったことの証明は悪魔の証明ですから。あったことの証明はいくらでも出来るはずです。
それが出てくるのは感情的な証言の山。

証言を重要視するなら、座間味の集団自決については
「命令を下したとされる梅沢さんが証言してますよ!無かったと」
と言いたいんですがねぇ??
それも梅沢さんは現在ご存命で冤罪裁判を戦っておられます。
無くなった方が過去に言った話しではなく、現在も命令を下した覚えはないと証言されています。
「そんなの嘘に決まってる」とおっしゃるのであれば
「あったとする証言も嘘に決まってる」と言い返されますよ?
それでも座間味の人は集団自決が軍命令だったと言いますか?

先日チャンネル桜で、沖縄のジャーナリストの方が言ってましたが
「尼港事件や通州事件等の情報を流し、更にサイパンの情報を流していれば「ああ、捕虜になれば辱めを受けたあげく殺されるんだ」と思うだろう。」
こう考えれば、自決された方々というのはこのような目に遭わされるくらいならと言うことで自決の道を選んだと解釈があっても良いのではないでしょうか。

「生きて虜囚の辱めを受けず」
この言葉が国民に広まったと言います。だれが広めたのでしょう?
これは戦陣訓・・つまり戦場にたったときの侍への教えですよね?
侍の態度について教えているのであって、国民に強要するものではないと自分は解釈しています。
国民にこれを広めたのは、当時のマスコミですよね。
であれば、集団自決はある意味当時のマスコミにも重大な責任が有ると思います。

この問題については、何度も言います
「まずは証言以外の証拠を出してください。燃やされたとか破棄したなどと言う逃げは許しません。まずは証拠を持ってきてから。」
あったとされる方があった証明をしてからでないといけないと思います。
また、そうしたものがない状況でこれからの青少年に教えて行かなくてはならない教科書に、「あった」と断定した形で掲載することには反対します。

拍手[0回]

ついにでてきたか。

【「軍強制」復活し来週申請 教科書執筆者が表明】
(ソース:http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007102701000531.html)

記事によると(以下引用)---------------------------------------------------------------------------
沖縄戦の集団自決をめぐる教科書検定問題で、教科書執筆者の高校教諭坂本昇さん(51)は27日、都内で記者会見し、自分が執筆を担当している教科書で「日本軍によって集団自決を強いられた」という記述を盛り込んだ上で、11月2日ごろまでに文部科学省に訂正申請する方向で作業を進めていることを明らかにした。
また、軍の強制部分に検定意見が付き、記述が削除された今回の問題自体や、9月末にあった検定意見の撤回を求める沖縄県民大会の記述も新たに加える方針という。
既に複数の教科書会社が「軍の強制」の記述を復活させて訂正申請する方針を固めているが、具体的な申請内容が明らかになったのは初めて。
坂本さんが執筆している教科書も、ほかの会社の教科書と同様、申請段階では集団自決に日本軍の強制があったとしていたが、検定意見が付き、強制部分を削除して合格していた。
------------------------------------------------------------------(引用終わり)
まずこの国の歴史は
事実より感情が優先するということなんでしょうか?
それはダメでしょう。事実より感情を優先するなんて。

それと一つ驚いたのは、執筆者が高校教師だったとは・・ Σ(゚Д゚)
こういううがった言い方はどうかとも思ったんですが・・・真っ赤な・・・( ´ー`)フゥー...

あったとする方、これをどうみますか?
http://www.youtube.com/watch?v=2LwDyb_R9tc
軍命令は創作!沖縄集団自決

何度も言いますが、カッコたる証拠もなく、あったとするのは間違いです。

海軍の大田実少将の最後の電文を以下に記載します。
----------------------------------------------------------------------------
『ノ電■■次官ニ御通報方取計ヲ得度

沖縄県民ノ実情ニ関シテハ県知事ヨリ報告セラルベキモ県ニハ既ニ通信力ナク三二軍司令部又通信ノ余力ナシト認メラルルニ付本職県知事ノ依頼ヲ受ケタルニ非ザレドモ現状ヲ看過スルニ忍ビズ之ニ代ツテ緊急御通知申上グ

沖縄島ニ敵攻略ヲ開始以来陸海軍方面防衛戦闘ニ専念シ県民ニ関シテハ殆ド顧ミルニ暇ナカリキ

然レドモ本職ノ知レル範囲ニ於テハ県民ハ青壮年ノ全部ヲ防衛召集ニ捧ゲ残ル老幼婦女子ノミガ相次グ砲爆撃ニ家屋ト家財ノ全部ヲ焼却セラレ僅ニ身ヲ以テ軍ノ作戦ニ差支ナキ場所ノ小防空壕ニ避難尚砲爆撃ノガレ■中風雨ニ曝サレツツ乏シキ生活ニ甘ンジアリタリ

而モ若キ婦人ハ卒先軍ニ身ヲ捧ゲ看護婦烹炊婦ハ元ヨリ砲弾運ビ挺身切込隊スラ申出ルモノアリ

所詮敵来リナバ老人子供ハ殺サルベク婦女子ハ後方ニ運ビ去ラレテ毒牙ニ供セラルベシトテ親子生別レ娘ヲ軍衛門ニ捨ツル親アリ

看護婦ニ至リテハ軍移動ニ際シ衛生兵既ニ出発シ身寄無キ重傷者ヲ助ケテ敢テ真面目ニシテ一時ノ感情ニ馳セラレタルモノトハ思ハレズ

更ニ軍ニ於テ作戦ノ大転換アルヤ夜ノ中ニ遥ニ遠隔地方ノ住居地区ヲ指定セラレ輸送力皆無ノ者黙々トシテ雨中ヲ移動スルアリ

是ヲ要スルニ陸海軍部隊沖縄ニ進駐以来終止一貫勤労奉仕物資節約ヲ強要セラレツツ(一部ハ兎角ノ悪評ナキニシモアラザルモ)只々日本人トシテノ御奉公ノ護ヲ胸ニ抱キツツ遂ニ■■■■与ヘ■コトナクシテ本戦闘ノ末期ト沖縄島ハ実情形■一木一草焦土ト化セン

糧食六月一杯ヲ支フルノミナリト謂フ

沖縄県民斯ク戦ヘリ

県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ』
----------------------------------------------------------------------------
僕はですね、この電文の
『沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ』
を日本政府は重く受け止めて、今まで沖縄に格段の配慮をしてきていると思ってます。
その格段の配慮を受けているにもかかわらず、感情を高ぶらせてあったように言い伝えていくことが正しいことなのでしょうか?
確かに「配慮」という割には、米軍キャンプも身近にありますから、言いたいこともわかります。
ですけど、基地をたくさん受け入れてるんだから、そのくらい当たり前みたいにみえてしまうんですね、僕には。
もうすこし冷静にお願いします。
まずは「あった」とする、カッコたる証拠の提出を望みます。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]