忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大田区神社めぐり(その3)

はい、本日も大田区神社めぐりをしてまいりました。
足が棒みたいになってますがww。

さて、本日の一か所目は貴舩神社へ
・・・思ったらですよ、なんと改装中じゃありませんか(´・ω・`)
出鼻をくじかれちゃいましたよ(´-ω-`)

ですが、気を取り直して、次に大森神社へ


こちらは創建年代は不詳だそうですが、天正年中(1573年)のある時に、金色に輝くご神体が名のまにまに海辺に流れ着いたのを、村人が畏れて再度沖に流すものの、再び同じところに流れ着き、三度沖に流すものの同じところに戻ってくるので、祠を立てて祀ったのが起源とされているそうです。
明治元年に大森神社の社号と額面を戴き、昭和七年に大森神社と公称するようになったそうです。
旧村社格です
ご祭神は久久能智神(くくのちのかみ)です。
御朱印は↓


次に参拝したのは浅間神社(せんげんじんじゃ)へ

こちらは創建は享保年間。富士信仰がはやったころに富士山本宮浅間神社を勧請・送検したそうです。旧村社格で、ご祭神は木花咲耶姫命です。
横は幼稚園で、かわいい声がこだまする、なんかホットする神社でした。

御朱印は↓

で、下世話な話ですが、こちらは御朱印が500円となっております。

さて、お次なんですが、その2をこなしたときに熊野神社の社務所が不在で御朱印を戴けませんでしたので、とにかく行ってみるか!と熊野神社へ
再度参拝を済ませ、「おられますように!」と念じて呼鈴を・・
本日はいらっしゃいました!ヽ(´ー`)ノバンザーイ
というわけで御朱印、戴きました↓


この時点で14時でしたので、とりあえず吉野家で腹ごしらえをして、京急を使って空港線側の2か所を参拝しようと思いつき、まずは穴守稲荷神社へ
穴守稲荷神社は、鈴木新田開発の際の堤防に穴が生じて開発の障害となったため、穴を守るために稲荷神を祀ったことに由来するとのこと。創建は文化年間(1800年ごろ)で、ご祭神は豊受姫命です。

こちらには沢山の稲荷神社がありまして、それぞれの神社にも参拝してまいりました。
お稲荷様というと↓


ですよねぇ。
御朱印は↓

最寄駅ではコンちゃんが迎えてくれます


さて、本日最後は羽田神社
羽田神社は羽田の氏神様として、地域の皆さんをはじめ空港関係者の崇敬の念が高い神社です
由来は約800年前の鎌倉時代に、羽田浦の水軍で領主だった行方与次郎が牛頭天王社を祀ったのに始ったそうで、明治元年に八雲神社として独立。明治40年に羽田神社と改称したそうです。


境内には、富士塚という区の重要文化財があります


また、大東亜戦争で散華された皆様を悼む碑↓

とか、日清戦争に従軍された方々を慰霊する碑↓

などもございます。
御朱印は↓

もしこのBlogでみなさんが興味をもってくれたらうれしいです。
意外とご自分が住んでいるところには、すごく歴史ある神社があるのかもしれませんよ!

拍手[1回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]