忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弁護側の責任も大きい

光母子殺害事件、元少年に死刑判決

本村さんが会見でおっしゃっていた。
「もし彼が心から反省し、心からの謝罪があれば」
逮捕当時、事実を認めていたにもかかわらず、一転して供述から何からをひっくり返すような事を言い出し、そのうえで謝罪といわれてもそりゃ謝罪を受け入れるわけはないでしょう。

それを事実認定からひっくり返してしまうような弁護方針を定めた弁護側にもこの判決が出た一因があろうと思います。
裁判結果にあーでもないこうでもないと会見で述べていましたが、詭弁を弄するのはよせといいたくなったのは僕だけではないでしょう。

「死刑にせざるを得ない特別な事情」
何人殺したとか、犯罪を犯した際の年齢とかを考慮せよと言うのか?
何回か日記で死刑についての事を書いたことがある。
僕のスタンスは
「命を奪った者は命を持って償う」
というのが基本スタンスである。
犯罪者に対して、人権などというモノを認めるつもりはありません。
人を殺しておいて、人権ですか?笑わさないで欲しい。
何人殺そうと一人殺そうと「殺人」である。
であるので、今回このような判決が過去の判例だのなんだのにとらわれずきちんとした基準を出したと僕は評価しています。

犯罪者にも人権があるだのというあまっちょろいヒューマニズムを披露する人やプロ人権屋にも言いたい。
加害者の人権を認めろとほざくなら、被害者のの人権をどう見るのだ
被害者家族の人権は加害者より下だというのか。
同等だなどという考えにいるのであれば、似非人権屋だとしか思えない

終身刑を導入して死刑を廃止しろだのいう人に言いたい
もし、自分が本村さんの立場になったとき、もし死刑が無く終身刑が最高刑だった場合、自分は終身刑になった者が自分より先に死ぬことは到底認められない。自分より先に死んで、刑から逃れることなど許し難い。
死刑でも先に死ぬじゃないかというが、生涯を全うすることなく刑に服するわけだから、終身刑とは違うと思う。終身刑は「死ぬまで刑務所」な訳で、ある意味人生を全うするわけだ。
自分の家族が人生を全うできずこの世を去ったのに、そんなのは許し難いのである。
終身刑をいれるのであれば、せめて被害者家族が天寿を全うするまで、いかなる手段を用いても生きて責めを負うようにしてくれれば考えないでもない。ガンだなんだので簡単に死なれてたまるかと思う。

まぁずらずらと書いたけど、本村さんにはお疲れ様と言いたい。
本当に苦しい苦しい日々であったと思います。
よかったですねとは言えません。ご家族を失っているわけですから。
ですが亡くなられた奥様、お子様には胸を張ってお伝えする事が出来ますね。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]