忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ごねればなんでも通すのか?

「自決に軍関与」沖縄の評価は
http://mainichi.jp/select/opinion/watching/news/20071230ddm004070080000c.html
まぁどいつもこいつもあったあったと言いますが。
ですので、軍命令があったのなら証拠を出しなさいと( ´ー`)フゥー...
あったことの証明は出来るはずなんですがね。
何かにつけて無かったことの証明を出せと言う人もいますが、無かったことの証明は悪魔の証明ですから。あったことの証明はいくらでも出来るはずです。
それが出てくるのは感情的な証言の山。

証言を重要視するなら、座間味の集団自決については
「命令を下したとされる梅沢さんが証言してますよ!無かったと」
と言いたいんですがねぇ??
それも梅沢さんは現在ご存命で冤罪裁判を戦っておられます。
無くなった方が過去に言った話しではなく、現在も命令を下した覚えはないと証言されています。
「そんなの嘘に決まってる」とおっしゃるのであれば
「あったとする証言も嘘に決まってる」と言い返されますよ?
それでも座間味の人は集団自決が軍命令だったと言いますか?

先日チャンネル桜で、沖縄のジャーナリストの方が言ってましたが
「尼港事件や通州事件等の情報を流し、更にサイパンの情報を流していれば「ああ、捕虜になれば辱めを受けたあげく殺されるんだ」と思うだろう。」
こう考えれば、自決された方々というのはこのような目に遭わされるくらいならと言うことで自決の道を選んだと解釈があっても良いのではないでしょうか。

「生きて虜囚の辱めを受けず」
この言葉が国民に広まったと言います。だれが広めたのでしょう?
これは戦陣訓・・つまり戦場にたったときの侍への教えですよね?
侍の態度について教えているのであって、国民に強要するものではないと自分は解釈しています。
国民にこれを広めたのは、当時のマスコミですよね。
であれば、集団自決はある意味当時のマスコミにも重大な責任が有ると思います。

この問題については、何度も言います
「まずは証言以外の証拠を出してください。燃やされたとか破棄したなどと言う逃げは許しません。まずは証拠を持ってきてから。」
あったとされる方があった証明をしてからでないといけないと思います。
また、そうしたものがない状況でこれからの青少年に教えて行かなくてはならない教科書に、「あった」と断定した形で掲載することには反対します。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]