忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

全てはこれだと思う

今回の尖閣についての事
これは、すべてこの記事の内容に目を向けるべきじゃないかと思う。
「現場発:領海最前線の苦悩 「過酷な実情知ってほしい」 石垣海保応援メッセージも」
http://mainichi.jp/seibu/news/20101114sog00m040009000c.html

[記事一部引用します]
「我々は一捜査官でもあるのに、他の捜査機関から事情聴取されるなんて。こんなみじめなことはない」。石垣海保のベテラン海上保安官は事件の展開に唇をかんだ。

 石垣市の庁舎周辺には10日から石垣海保の友好団体によって「私達の安心安全な海を守る石垣海上保安部ガンバレ!!」と、横断幕も掲げられた。中山義隆・石垣市長は「流出ばかり注目されるが、映像を機に尖閣諸島の領海警備について考えてもらいたい」と話す。

 けたたましく鳴るサイレン。「止まれ、止まれ」という叫び声。映像には緊迫した衝突シーンが記録されていた。約30年間尖閣諸島の警備などにあたってきた石垣海保OB(67)は「政府が公開しなかったのがいけないのであって、映像は大いに公開して海上保安業務の過酷さを知ってほしい」と話す。

 尖閣諸島周辺では石垣海保などの巡視船艇が24時間警備にあたる。OBは「人員が限られる中、チーム力が海保では大切とされる。映像を見て今後の参考にすることはよくある」と語る。現職の海上保安官は「映像流出を機に情報管理が厳しくなれば、現場の負担も増える」と懸念する。

 OBによると、領海内に外国漁船が停泊していたら警告し、小型艇で立ち入り検査。退去するまで追尾するが「出たと思ったら反対側から別の船が入ってきて、いたちごっこ状態」という。

 01年の海上保安庁法改正で船体への射撃も可能になった。だが、凶悪犯罪の準備が疑われるなどの条件がある。中国の海洋調査船には警告を無視され、わが物顔で調査を続けられることも。「他国でそんな対処は考えられない。きちんと対抗できるよう法整備しないと、尖閣は守れない」

 現職の海上保安官は「紛争に発展させてはいけないという(政府の)要求の一方、領海内に入れてはならないという矛盾があり、現場の保安官は悩んでいる」と語る。「もし、向こうから軍艦が来たらと考えると、ぞっとする」と最前線に立つ恐怖を口にする。

 巡視船艇を整備したことのある元技術者の男性(60)は、逃走する船を先回りして止める訓練で小型艇の船首がよく破損するため、修理を依頼されたという。文字通り体を張った仕事の実態がある。

 中国漁船衝突事件での船長釈放を受け、今後も同様の事件の発生が懸念される中、この男性は「政府は海上保安官の命をどこまで考えているのか。尖閣諸島の現場を見てほしい」と代弁する。
[引用終わり]

現場の保安官たちは、みな命をかけて日本の海を守ってる
その現実を直視せず、支那との関係云々のために右往左往する愚か者の政府。

全ては現場の声を聞けば、どうすべきははおのずとわかると思うのだが・・

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新コメント
[10/07 かずやん]
[10/06 新潟人]
[09/26 BlogPetのおまけ]
[09/24 かずやん]
[09/24 天戸春夢]
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2019 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]