忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

馬鹿、ここにきわまれり

mumurさんのBlogを見てて、トンデモをみつけちゃったので僕も一言書きます。
http://www.janjan.jp/column/0611/0611160799/1.php
インターネット新聞のJANJANにあった記事で
ふたたび平和バカのすすめ』
なる記事がありました。
よく読んでみると
【以下引用】
中間選挙の敗北で、米国のブッシュ政権も国際協調に戻らざるを得ない情勢です。これを機に、わたしは再び平和バカになることをすすめようと思うのです。つまり、国際社会に向かって絶対戦争をしないことを、日本ははっきり再宣言するのです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
拉致が許し難い行為であることはいうまでもありませんが、拉致を咎める前に正しい歴史認識を、という北朝鮮の言い分もわかります。理不尽な土地接収や強制連行を日本軍部がやったのはたった65年前のことです。当時の日本は実質的に北朝鮮と同じ全体主義国家でした。それをいさぎよく認めましょう。それから忍耐強く民主化の必要性を説得しましょう。急がばまわれです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
全体から考えて、力を振るう前に話し合おうという段階まで、人間は進化して来ています。もう一歩です。誰かが絶対平和主義に徹すれば、人間は英知の階段を上がることができるのです。平和を守る決意を憲法で表明し、60年の不戦の実績を持つ日本。日本こそそれができる国です。その日本がここへきて汚れのない手を自ら汚そうとしています。それは絶対止めなければならない。

 こんな理由から、わたしは現憲法を変えることに断固反対し、逆に徹底した平和主義をあらためて唱えたいのです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【引用終わり】
いやぁ、久々に聞いたよ。デムパもここまでくれば立派立派(爆)
『拉致は悪いが、日本はもっと悪いことをしたんだから』
なんて台詞、たまらないです。
この記事を書いた貝原幸夫って人には是非地上の楽園にお帰りいただきたい(笑死)
夢物語は自分の脳内で完結してほしいものです。


拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]