忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

厨房・・・ww

警官発砲:中2ともみ合い 職質で暴行され2発--愛知・豊橋
http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2009/02/02/20090202dde041040012000c.html

よく犯人を無傷で取り押さえたものだ。
巡査長をたたえることはあっても、弱いだのと責める理由がわからない。

相手が厨房・工房だろうとなんだろうと、もし一般市民に威嚇射撃ではなく制圧のために発砲、けがを負わせたり当たり所悪く射殺された日には、マスゴミや所謂市民団体が散々叩くくせに。
相手を制圧ししなくてはいけないが、けがを負わせてはならない・・じゃ警察はどうしろというのか
警官が弱いだなんだという前に、そこのところをどうすりゃよかったのか教えてもらいたいものだ

ただ、この厨房は日本で助かったと思わねばならない。
上記にあげたように、けがを負わせたり、誤って射殺されたりしたら周りの連中が「警察が悪い!」って言ってかばうだろうから。
おそらく海外ではそうはいかないだろう。射殺されても仕方のない事象だとおもう。

さらに、毎回毎回警察に対し「発砲は適正であったか?」と聞いているようだが、バカボンに出てきた本官さんじゃ有るまいし、そんじょそこらで発砲しないだろ?w
極力使用しないように自制しているわけだから。ここからしてどうなの?と思う。

いずれにせよ、警察官を責めるのは筋違いで、本当に責められなきゃいけないのはDQN厨房だということだとおもう。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
まったくもって。
(コメは)はじめまして、めぇであります。

記事を読む限りではどう考えてもこの警察官の判断に誤りは無いと思います。

>消火器をいきなり投げつけ
下手に受け止めようものならその隙にフルボッコでしょうし、当たり所が悪ければ骨折くらいは余裕な鈍器であるわけですし。
というかそもそもなぜ消火器を携行しているのか・・・。
職質かけてくださいって言ってるようなものですね。

そういえば、銃社会の国では昨今、
警察官に襲い掛かるなど、わざと射殺されるような行動をとって"自殺"を計る輩がいるようですね。

この厨房がたとえ死んでいたとしても、上記の類と私は見做しただろうと思います。

ごちゃごちゃ書きましたが結論は最初に書いたとおりです。
めぇ 2009/02/03(Tue)16:15:08 編集
コメントありがとうございます
めぇさん

やっぱりそう思いますよね?
僕も警察官の判断は適切だったと思いますし、むしろ遅かった位じゃ?と思うほどです

警察官が銃を使用すること=悪みたいなことを言いますが、とんでもないことですよね
かずやん 2009/02/03(Tue)22:37:56 編集
射殺って…なんだ
射殺って…なんだろう…?
BlogPetのおまけ URL 2009/02/05(Thu)15:36:10 編集
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]