忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようやくか

■新テロ対策特措法が成立、57年ぶりの衆院再可決
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080111it05.htm

ようやく決まりましたねぇ。
これでまた国益にかなった活動が再開されるわけです。

しかしまぁいろいろな方の日記を見ましたがねぇ。
思ったよりむごい感じですな。

強行採決だと、与党は強引だのとまぁ( ´ー`)フゥー...
法に則り粛々と可決しただけのこと。
散々審議しようとしても、散々拒否してきておいて何を言ってますか。
数の論理が・・と言う人もいますが、参院で野党がそれを振り回し、重要な審議を後回しにしようとしていたわけで。
数がどうのこうのいう話ではないですね。
次に直近の選挙では参院で野党が勝ったんだから民意は違うという人もいますがね「参院選挙の争点は『年金』だったから筋違い」ってもんじゃないでしょうかね。おいらはそう思いますよ。

自民党が嫌いになっただの、お灸を据えるだの。
選挙を政治をなんだと考えてますかね?
先の選挙で、民主のマニフェストを見て選挙に行った人はどれだけいますか?
単にマスコミの情報に振り回されて、お灸を!っていれたのではないですかね?
そんな感情的な行動でやった結果がねじれ状況なんだと思いますよ。
で、法に則って処理をしたら数がだのなんだのと。
無責任にもほどがあると思います。

次に、新テロ特措法が決まったから戦争に行く国になったと言っている方もいるようですが、特措法の全文を読んだことがあるのでしょうか。
どこに「戦争に行く」だの「武力行使」するだの「武力で他国(米国など)を協力する」などと書いてあるのか、何条の何項にあるのか是非ご開設願いたい。
もう少し自分の目で確認すべきです。
マスコミの情報を鵜呑みにしすぎですよ、全く。

今回の特措法および自衛隊の派遣が、日本にとっての国益にかなった方であり派遣である事は言わずもがなです。
日本の命である石油を運ぶタンカーの航路の安全をはかると言うこと。
これを国益と言わずしてなんといいましょうや。
なんだかんだ言っても中東からの石油が入ってこなければ、現在の日本の生活は成り立たないわけです。
そのペルシャ湾からインド洋にかけてのシーレーンで、海賊やテロによって石油が届かない状況が起こったとしたらどうなるのか。
その辺もよく考えて欲しいと思います。

また、海上での活動であり、危険地域と呼ばれる箇所への派遣ではなく、武器を使用する確率も少ない場所での活動でもありますから、問題にしようとしている集団的自衛権の問題等も発生するリスクも少ないと考えます。

何はともあれ新テロ特措法がようやく決まりました。
我々国民の代わりに自衛隊の隊員の皆さんが、国のために汗をかきに行ってくれるわけです。
頑張っていただけると思いますので、我々は応援しようではありませんか

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
かずやんが挨拶し
かずやんが挨拶したの?
BlogPetのおまけ URL 2008/01/14(Mon)12:08:06 編集
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]