忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国民をナメてんのか?

どうやら橋下弁護士を訴える様相を呈してきた山口県光市母子殺害事件の弁護士

「刑事事件で加害者を弁護するのですから、弁護士に反感を持たれるというのは当然あると思います。弁護士に対する『批判』にとどまるならばならしょうがないというのはありますが、『懲戒請求』は刑事事件で言えば、告訴・告発に当たるものです。だから、数の問題ではないし、しかも報道を根拠にして、署名活動のように懲戒請求することを扇動することは理解に苦しみます」
とhttp://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__jcast_10942.htmで言っているけれども
ばっかだなぁ、「批判」にとどまるわけなかろう?
あんな弁護をしてたんでは。
まして「扇動」だってさ。
いやいや、もし橋下弁護士が批判覚悟(番組では「カットされるかもしれない」と発言している)で今回の「懲戒請求できる」という事を教えてくれなければ、あなた方は世間からいかに外れているかを知らないで、わけわからん弁護に終始したはず。
今回のは、まさに「国民の意思」で、あなた方に懲戒請求したのだと気づくべき。

ましてや
【母子殺害事件の弁護士は、懲戒請求を行った人たちについて「橋下弁護士にそそのかされ、被害者的な面もある」として、現段階では提訴しない方針だという】
はぁ?
もしかして恫喝してます?
「懲戒請求なんかしやがったら、訴えますよ?」って。
威勢のいい事で。
やるならやってみればいい。
そんなん世論を味方につけたものにそりゃフルボッコだべ。

ちなみに
http://www.nichibenren.or.jp/ja/autonomy/tyoukai.html
にはこうあります。

【所属弁護士会の秩序・信用を害したり、その他職務の内外を問わず「品位を失うべき非行」があったときに】

残念でした。モロこれにあたりますわな。
っつーわけで、しっかり請求を受け止めてください。
日弁連も、もしこれでこの弁護団の懲戒請求を真摯に受け止めることなく、部屋の片隅に追いやることがあったときは、日弁連自体に対する信頼も一気に失われる恐れがあることを肝に銘じていただきたい。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]