忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

へぇ、そうざますかww

中国、訪日観光に制限示唆 日本に反論「海保が漁船に衝突」
ソースは→http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/252214.html
(どーしんwwwww)

[記事引用します]
中国外務省の姜瑜(きょうゆ)副報道局長は21日の定例会見で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖での海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件に絡み、中国船の船長が逮捕された対抗措置として、中国から日本への観光旅行者を当局の指示で制限する可能性を示唆した。事件の原因については、「海保の船が漁船に衝突した」と主張、日本側の見解を否定した。

 姜氏は、訪日旅行について「中国人観光客は、快適に安全で観光できる場所に行く」とし、暗に制限する可能性に言及した。

 日本政府は、中国から日本への観光客について、個人観光ビザの取得条件を7月に緩和するなど、地域経済の刺激策として誘致を強化してきた。中国当局が日本への渡航自粛を指導した場合、道内を含む日本の観光地への影響が予想される。

 姜氏は、事件の原因について「中国の漁船を日本の巡視船が不法に追跡し、包囲し、衝突したと考えている」と主張。漁船が巡視艇に故意に衝突したとする日本側の主張に反論した。

[引用終わり]

支那、必死だなw
観光禁止・・・支那GJ!w
どうせなら研修生やら実習生も併せて禁止でおながいします。
平和ボケして支那にべったりだと、こういう目にあったときに何もできなくなる
いい加減支那への幻想はやめりゃいいのにさぁ、こういうのもある
「不買運動の恐れも “政冷経冷”懸念強まる 中国頼みの日本経済(http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100921/mca1009212047015-n1.htm)」
観光業も百貨店もこのありさまだわ┐(´д`)┌
良い機会だから、そろそろ支那依存を見直してみてはどうかと思う。

さらに尖閣のことでいえば、先日那覇市議会が
「漁船衝突事件で中国政府に抗議決議…那覇市議会(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100921-OYT1T00945.htm)」
[以下記事引用]
決議では「歴史的にも国際法上も尖閣諸島は日本固有の領土であることは明白」と指摘した上で、中国漁船の領海侵犯と船長による公務執行妨害事件に抗議し、中国政府に再発防止を求めた。
[引用終わり]
尖閣を勝手な妥協で売り飛ばしてしまったら、次は我が身ということが那覇市議会ではわかっているようだ。
(であれば、この地域ににらみを利かせる意味での米軍ということも考慮すべきとおもうのだが・・まぁそれはおいておいて)

こうして沖縄をはじめとする、尖閣諸島周辺地域をきちんとした対応で守っていかないと、本当に日本が危なくなってしまうとおもう

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]