忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これが議員のいうことか?

軍事評論家の江畑謙介氏が死去
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20091013-554928.html

まず、江畑氏にたいし、心より哀悼の意を表します。
この方の説明をテレビで見たことがありますが、わかりやすい解説と、わからないものに対しては曖昧ではなく「わからない」と言っていらっしゃったと思う。その姿勢には感心したものである。

その江畑氏の逝去に対し、民主党の首藤信彦という人物がいる(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E8%97%A4%E4%BF%A1%E5%BD%A6)が、自身のBlog(http://blog.goo.ne.jp/sutoband)で以下のような事を言い放った

http://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/03fdc5aba5f001a0c2f1cfc0e88696deより
「軍事評論家の江畑謙介氏が死去した。同じ専門分野だからもちろん良く知っている。1990年の湾岸戦争というものは、自国に関する限り、これまで戦争なんて死語だと思っていた日本に大きな衝撃を与えた。日本には本当の意味で、軍事専門家などはいない、また出てこないだろう。
 そのなかで、一応、擬似専門家としての役割を果たしたのが江畑さんだった。軍事情報誌のジェーン年鑑のエージェントというような役割で、日本には入ってこない情報をジェーン側から手に入れて、専門家としての評価を獲得した。それでも、でたらめな評論家に比べれば、はるかに中立的で高いレベルの情報提供だった。
 (中略)
 しかし、その後は政治、特に与党への傾斜が激しく、政府見解の応援みたいなことを軍事専門家のタイトルで行っていた。次第に自民党べったりになってきて、数年まえに会ったときには、自民党のプロパガンダの集会やイベントにも政治家に寄り添って立つようになった。きっと政治の世界にでていきたいんだなあ..と思ったことがある。軍人じゃあるまいし、評論家が皮の防寒服などを着てイベントに並んでいる姿をみて、悲しい思いをしたことがある。しかし、それでも60 歳という若すぎる死を悼みたい。かって電話で講演を依頼したとき、ともかく生きていくためには、ひたすら原稿を書かなければならないみたいな理由で断ってきたが、やはり文筆だけでは生活は苦しかったのかもしれない。」

「死者に鞭打つ」
なんということだ。
亡くなった方への敬意を払うことなく、既に亡くなって反論できない方に対し、誹謗中傷とは何事だと言いたい。

さらに見ていくと、先日逝去された中川元財務相に対しても以下のようなことを言っている
http://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/101c102bf15058f2a15aa924ccf5d239より

「物理的には自然な死でも、状況から見れば不自然という死は政治の世界ではよくある。
 しかし、松岡農水大臣の自殺(?)も含め、政治家の不自然な死は多く「金」の問題と関係があると言っても過言ではないだろう。財務・金融担当という巨大な権力を振り回した者の死は徹底的に原因究明してほしいものだ。
 明らかになっている真実はただ一つ。中川氏が死去したことだ。」

大臣になったからと「権力を振りかざす」などということがいつ行われたのか
金の問題云々抜かすなら、根拠をきちんと提示して話すべきである。

江畑氏、中川氏の逝去に対するBlogでの共通していること
それは上でものべた「死者に鞭打つ行為」である。
死者へのこのような行為は、支那人・朝鮮人の得意技だよな。
日本人の感性では、死者に対しここまで冒涜するような行為は慎むはず。
出自をも疑わせる発言であると言わざるを得ない。

先であげたWikiにもあるように、こいつは北朝鮮制裁決議に反対するような愚かな人間である。
怒りもあるが、怒りよりも哀れみを感じる。

追記
10/13 23時現在でコメントが1380を超えて炎上中ですw

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]