忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

選挙戦の総括はしっかりと

都知事選、田母神さんを推した皆さんには残念な結果となりました。
その中には自分もいるのですが
まず、都知事にしたい!と願って、寒い中をポスティングされた方、ニコ生などで見てもらうことに注力された生主の皆さん、街宣の際に交通整理をしてくれた皆さん、ビラ配りで必死に通りすがりの人に声をかけビラ配りをしていた皆さん等々、ボランティアスタッフの方々に敬意を表します。

ただ、自分としては概ね予想した結果であったと思っています。
今頃そういうことを言うのは・・とよく言われるのですけどね。
でも、組織票にしてもマスコミの状況にしても、選挙に入る前に予想できていたと思いますけど、どうなんでしょうね。
組織票、自民なんぞより公に明るい(らしい)人たちの力はねぇ。
雨が降ろうが雪が降ろうがあの方々は選挙に行くでしょうしね。

マスコミのたもさんの取り上げ方についてもそう
Twitter,Facebook等で「とりあげない」「ねじまげられている」って声が多かったですが(現実そうなんでしょうけど)、でもそれまでの活動などを考えたらそうなるって想定できた話ですよね。
マスコミが中立「ではない」ことをわかっているはずなのに、現実そうなったら怒ったところでどうにもなりませんよね。

あと、個人的には「他候補のネガキャンをやりすぎ」だったと思います。
他候補の裏事情は見れば見るほど、知れば知るほど「こんなやつが」とわかりますけども、そっちに力をおいても、だからといってたもさんの票が増えるわけじゃないと思ったのです。
とはいえ、それを声高らかに言った日にゃねぇ(´-ω-`)
根性なしの自分ですので。

先日、myにいる方と飲んだ際にも
「たもさんに傷をつけない負け方を想定すべき」
と意見が一致しましたが、自分は重体にはならなかったが重傷だなと思ってます
組織票があろうとなかろうと、雪で云々があろうとも、傷を浅くするならせめて宇都宮候補の上にいないとなぁと感じています。
60万票、価値がないということではなく、たもさんの傷が重体レベルでなかったことについてのみ価値があるとは思います。
でも、選挙は「2位じゃだめ」なんすよねぇ(´-ω-`)

あと、都民にも言いたい!
なんだ?あの投票率は!
どんだけ自分の住んでいるところに無責任なんだといいたいですね。
この点についてはあの国(ご想像に任せます)を笑えないだろう。
ポンさんたちが企画したパレード、そりゃおらも仕事を理由に参加できませんでしたので言えた義理ではありませんが・・
でもあのパレードの意味・意義をどれだけの都民が考えたのかと
なんかねぇ、言いたいことはいっぱいありますが・・
頭がちと足りなので、こんな言い方しかできません。

いずれにせよ、選対本部にいた方々には
「言い訳」
とか、わけわからん
「次につながる」
論よりも、徹底した総括、自己批判(←必要か?w)をすべきだと思うのです。
勝手な独り言でした。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]