忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

売国奴みずっぽちゃんは帰ってくんな( ゚д゚)、ペッ

福島瑞穂、韓国のテレビ番組に出演~日本政府による竹島領有権明記を批判
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1217116939/l50
【以下記事引用】
■日本の進歩政治家:「独島波紋、愛国心強要が問題」
<アンカー>
日本の代表的な進歩政治家である福島瑞穂・社民党党首が、最近の独島波紋は愛国心を強要する日本社会の右傾化と無関係ではないという立場を表明しました。福島党首に東京の尹チュンホ特派員が会いました。

<レポーター>
日本の進歩的人権弁護士出身で、故・金学順ハルモニをはじめとする軍隊慰安婦や強制徴用被害者のために積極的に活動してきた福島社民党党首。

福島党首は、最近の独島問題による韓日関係の悪化は残念だとしたうえで、日本政府はより慎重である必要があると指摘しました。

<福島瑞穂・社民党党首>
今この時期にどうして独島を指導要領解説書に明記しなければならなかったのか、疑問です。

(訳注:元の日本語は、「指導要領などに、この竹島問題を書くことの是非については、慎重であっても良い。何故いま書くのか、というふうに思います。」)

慰安婦ハルモニと会うために数十回も韓国を訪問したという福島党首は、独島問題の根本的なきっかけになった2006年日本の教育基本法改訂を、強い口調で批判しました。

>教育基本法改訂は生徒に愛国心を強要し、ひいては憲法を改正して戦争が出来る国・日本を作ろうとする日本右派の策動だ、ということです。

<福島瑞穂・社民党党首>
「国民が国家権力を縛るのではなく、国家権力が個人に愛国心を強要して国家を守るように義務を課そうとするものです。」

<レポーター>
もちろん
福島党首は、独島問題に関して韓国の肩を持ったわけではありません

ですが独島問題で両国の民族主義が衝突して関係が悪くなることは望ましくないとして、歴史教科書の
共同研究などを通じて両国の認識の幅を広げてゆこうと提案しました。
【引用終わり】

えー、タイトルにしましたが、朝鮮に行ったまま帰ってこなきゃいい( ゚д゚)、ペッ
こんなやつを党首にすえてる党がまともでないこと、まぁみんな知ってるんですが(笑)わざzわざもうこれでもか!と紹介してくれる。
本当に迷惑ですね

もぉ国家破綻にテンパイしてる相手の応援してどうするんでしょ?
いやぁ自虐的な方です。

まじめに言えば、あまりに自国の事を知らなすぎ。
こういう連中は議員になっちゃいかんですし、議員にした選挙民は責任を感じて欲しい。
そして民主が政権与党になったら、こいつらとの連立ですよΣ(^▽^;)
もぉ日本をドンだけダメにする方向に導かれるのかわかったもんじゃありません。

そんで二言目には「右派」「右翼」みたいなことをいう┐(´д`)┌ ヤレヤレ
あまりに突っ込みどころ満載なんですけど、突っ込む気にならないわ(´-ω-`)

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
TrackBack
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]