忍者ブログ

かずやんの戯言

まぁ好き勝手に言いたい放題しようと思います。 半分はネタみたいなものですから(笑) マジレスはやめてね(爆) よくネトウヨとか言われることもあるけど、大いに結構。 ちょっとくらい右にぶれてるほうがいいのかもね(笑)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いまさらですが、安倍総理の参拝について思うこと

靖国参拝を問題にしようとしているのは、所謂「あっちの人たち」ですよね?
でもそれは「何が問題なん?( ・ω・)∩」ってことばかりじゃないっすか。

一言目には「A級戦犯ガー」
いまだに「一番悪いことをした人たちだから」というのがいるのが不思議
どんなにいろんな人から「それ、罪の【重さ】じゃなく、罪の【種類】だからw」
と指摘されても知ろうとしないし 「(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい」ですもんねぇ

そして「合祀したから天皇陛下も参拝しないじゃないか!」
陛下の御親拝の最後は、1975年11月21日の御親拝が最後。
所謂A級戦犯とされた方々が合祀されたのは1978年
何の関係があります?
もっと言えば、1975年に三木武夫が参拝した際に「私的・公的」問題が出ます。
「政教分離に反する」と批判されてですが。
この時、三木は「私的参拝」といって逃げました。
私的参拝の原則が以下の通りあります
1 公用車を使用しない。
2 玉串料は私費から支出する。
3 記帳する際には肩書きを書かない。
4 公職者を随行しない。
さて、みなさん。これ、陛下のお立場を考えたときどう思います?
どうやっても、1と4って解決できなくないですか?
もっと言えば
「陛下に公的も私的もなく、陛下が皇居の外でなさる行為は全て【公的】となるのでご参拝できるわけないじゃん」
ここを知らずに、陛下の御親拝がーと言ってもらいたくないと思うのです。
御親拝ができなくなった最大の問題者は三木武夫なんだと、自分も、自分の両親も思っております。

所謂「A級戦犯ガー」の人たちは、過去国会でほぼ全会一致に名誉回復されたこと、そこには当時の社会党も賛成していたこと、(確か名誉回復しようず!といったのは社会党でなかったですか?)名誉回復は「主権回復後」に行われていること等をきれいにすっぽかしてギャーギャーわめきます。お恥ずかしい限りです
名誉を回復したのに、「回復しても罪は消えない」って、あーた、どこの国の方ですか?と言ってあげたいですね。

ちなみに本当の1級戦犯は「広島・長崎に原爆を落とし、日本各地の国民に対し無差別爆撃を行ったアメリカの某大統領」じゃないんですかね?w
それは合祀できませんわ。

今回の安倍総理の参拝
いろいろご意見あるでしょうけども、とりあえずよかったと思います。
自分は参拝はするだろうと思っておりましたが、年内とは予想できませんでした

今回の参拝に対し、うちの親父は総理の参拝がこの時期になったことに怒ることもなく「よくやった、まぁ当然のことだがな」のあとにチョー激昂して
「それに比べ、靖国のお社の上をブンブン飛び回るマスコミは何だ!神様の上を取材だかなんだか知らないが!そういう無礼を働くのだからテレビ離れが進み、苦しんでいるんじゃないのか?自業自得!天罰ってわかるか?と言ってやりたいわ!」
と言ってました。自分もそう思いました。
日本の神様は、本当にお怒りになると大変なんだぞ?といい加減わかりそうなものなんですけどねぇ(´-ω-`)

と思いつくままでした。

拍手[0回]

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竹島(takeshima dokdo dokto tokdo tokto)
takesima
takesima2
takesima3--takeshima dokdo dokto tokdo tokto
竹島は我が国の領土です!
竹島を取り戻す日まで声を上げ続けます

画像は一番上が ぼやきくっくりのくっくりさまのところより使用させていただきました
真ん中と一番下は あんた何様?の名塚さまのものを使用させていただきました。

外国人参政権付与に反対しています。 sanseiken

Twitter
最新記事
プロフィール
HN:
かずやん
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセスカウンタ
アクセス解析
  Copyright 2017 かずやんの戯言 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]